• ホーム
  • なかなか人に聞けないカンジダの治療薬の効果!カーネステンクリームとは?

なかなか人に聞けないカンジダの治療薬の効果!カーネステンクリームとは?

薬を飲んでいる女性

カーネステンクリームはカンジダ症を治療するために効果的な医薬品だとして知られていますが、具体的にどのような効能があるのか知らない人もいるかもしれません。カンジダ症に効果がある治療薬ですが感染部位や症状によっては別の薬を使ったほうが良いこともあるので、どのような効果が得られるのか知っておくことはとても大切です。カーネステンクリームは女性の外陰部や男性の亀頭に症状があるときに用いられることが多く、それ以外の場所には使えないことが多いので注意してください。

有効成分にクロトリマゾールを配合した抗真菌薬がカーネステンクリームですが、これは患部に塗布することで原因菌に作用して原因菌の増殖や活動を抑制するという効果が得られます。このクリームの効果が得られるのは治療薬を塗布した部分だけなので、膣内にも症状があるのに外陰部だけにカーネステンクリームを使用しても、膣内の症状までは治すことができないでしょう。しかしながら、外陰部だけや男性の亀頭などに症状がある場合はこの治療薬を使って症状を改善することができます。患部から有効成分のクロトリマゾールを吸収してカンジダ菌の増殖や活動を中断させる効能を得ることができるので、しっかりと症状を治すことができるでしょう。

ただし、膣錠と併用するのであればカーネステンクリームをカンジダ膣炎に用いることができます。膣に症状がある場合でも外陰部までかゆみを感じている場合は、カーネステンクリームを塗布することで効率よく治療することが可能です。膣内に症状があるからと膣錠だけを使用すると外陰部の治りが悪い可能性があるので、併用することで大きな治療効果を期待することができると知っておきましょう。治療薬の正しい効果を知らなければ使うべき症状か判断することができない可能性があるので、どのようなときにカーネステンクリームを使用するべきか知っておいてください。

カンジダ症を治療する薬には様々なものがありますが、塗るだけで簡単に効果が得られるカーネステンクリームは女性の外陰部や男性の亀頭に症状があるときに役立つ治療薬です。有効成分が患部に直接的に作用するため、病気の原因であるカンジダ菌の増殖や活動を効率的に抑制してくれるでしょう。これまでカーネステンクリームの効果を知らなかったのであれば正しい効能について理解して、この治療薬を使用するべきときに用いることができるようにしておくと良いです。

関連記事
一体どこからうつってしまったのか、ヘルペスの感染経路を徹底捜査 2020年06月18日

知らず知らずのうちにヘルペスを発症していて、どこから感染したのか分からずに戸惑ってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。この病気はどこから感染したのか分からないまま発症してしまうことが多い病気なので、感染経路について確認しておくようにしましょう。大人だけではなく子供もヘルペスを発症してしま...

中々人に相談できないヘルペス、親切丁寧に解説する治療方法あれこれ 2020年05月14日

ヘルペスに感染してしまった場合、これは人に感染させる恐れがある病気なので、気軽に治療法などについて周りの人に相談することは難しいものです。感染しやすいこと以外にも発症した部位が性器であれば恥ずかしさなどが理由で相談できないケースも多いですが、治療方法について理解しておかなければ症状を改善することがで...

話題のカンジダのお薬、カーネステン膣錠の効果と使い方を徹底解説します 2020年03月13日

カンジダ症を治療する薬はひとつだけではありませんが、有名なもののひとつにはカーネステン膣錠があります。これはその名前の通り女性の膣内に挿入するための錠剤タイプの治療薬であり、有効成分であるクロトリマゾールが患部に直接作用することで大きな治療効果を得ることができるでしょう。具体的な効果や使い方を知らな...

つらくて憂鬱なヘルペスの主な原因は何なのか、こっそりお教えします 2020年04月17日

感染したら憂鬱になってしまうような症状があらわれる病気にはヘルペスがありますが、この病気は何が原因で発症してしまうのか知らない人も多いです。しかしながら、発症の理由である病原体や行為について知っておくことで、つらい症状を引き起こす病気に感染しないように予防することができます。再発を繰り返しやすいこの...

罹ってしまったらすぐに治したい皮膚カンジダの治療方法を解説します 2020年03月29日

皮膚カンジダ症を発症すると感染した部位に発疹やかゆみを生じて大変な思いをすることになりますし、この病気は大人だけではなく赤ちゃんも感染しやすいので正しい治療方法で早急に治療できるようになっておくべきだと言えます。大人なら多少の痛みやかゆみを我慢することができるかもしれませんが、小さな赤ちゃんの場合は...