• ホーム
  • 免疫力が低下している時に起こり易いカンジダの症状は!当てはまるかみてみよう

免疫力が低下している時に起こり易いカンジダの症状は!当てはまるかみてみよう

病原体

免疫力が低下していたり身体の抵抗力が落ちていたりすると、あらゆる病気に感染しやすくなってしまいますが、特に、カンジダは免疫機能の低下しているタイミングで発症しやすい病気として知られています。この感染症の原因菌はもともと人間の体内に存在していておかしくない菌であるため、腸管内や口内、女性の膣内に存在している菌が免疫機能の低下とともに増殖してしまうことがあるのです。身体が弱っているときに原因菌が異常増殖すると様々な症状が起こってしまうので、免疫力が低下していると起こりやすいカンジダの症状をチェックして、当てはまる場合は病院で診察を受けたり薬を購入して治療したりするようにしてください。

身体の免疫力が低下しているときに起こりやすい症状は、女性の性器周辺の異常だと言うことができます。カンジダを発症してしまう部位はいくつかありますが、特に女性の性器周辺には免疫機能が衰えているときにカンジダによる症状があらわれやすいので注意が必要です。ストレスの蓄積やホルモンバランスの乱れなどで女性の身体の抵抗力が落ちてしまうと、体内でカンジダ菌が異常増殖して外陰部や膣にかゆみや痛みを覚えるようになることが多いと言えます。他にもヨーグルト状や酒粕状、カッテージチーズ状などと形容されるおりものが分泌されるようになることが多いです。女性より頻度は少ないと言えますが男性が症状を引き起こすケースもあり、そのときは亀頭の赤みやかゆみ、亀頭から出る白いカスなどが症状として多く見られるでしょう。

免疫力が抵抗しているときに女性は外陰部やおりものの異常、男性は亀頭の異変を感じることが多いはずなので、違和感を覚えたときはカンジダの症状に当てはまるかどうかチェックしてみてください。日頃から免疫機能を向上することができるように意識していたとしても、毎日の疲れなどからカンジダを発症させてしまう人は少なくありません。早めに病気であることに気がつくことができれば、治療薬の服用などで素早く症状を緩和することができるので、免疫力が低くなったときには具体的にどのような症状があらわれやすいのか確認しておくようにしてください。カンジダは性行為がなくても発症する性病なので、性行為をしていないから発症しているわけがないと思うのではなく、自己感染したかもしれないと疑って身体に起こっている異変とカンジダの症状を比較してみることが大切だと言えるでしょう。

関連記事
一体どこからうつってしまったのか、ヘルペスの感染経路を徹底捜査 2020年06月18日

知らず知らずのうちにヘルペスを発症していて、どこから感染したのか分からずに戸惑ってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。この病気はどこから感染したのか分からないまま発症してしまうことが多い病気なので、感染経路について確認しておくようにしましょう。大人だけではなく子供もヘルペスを発症してしま...

中々人に相談できないヘルペス、親切丁寧に解説する治療方法あれこれ 2020年05月14日

ヘルペスに感染してしまった場合、これは人に感染させる恐れがある病気なので、気軽に治療法などについて周りの人に相談することは難しいものです。感染しやすいこと以外にも発症した部位が性器であれば恥ずかしさなどが理由で相談できないケースも多いですが、治療方法について理解しておかなければ症状を改善することがで...

話題のカンジダのお薬、カーネステン膣錠の効果と使い方を徹底解説します 2020年03月13日

カンジダ症を治療する薬はひとつだけではありませんが、有名なもののひとつにはカーネステン膣錠があります。これはその名前の通り女性の膣内に挿入するための錠剤タイプの治療薬であり、有効成分であるクロトリマゾールが患部に直接作用することで大きな治療効果を得ることができるでしょう。具体的な効果や使い方を知らな...

つらくて憂鬱なヘルペスの主な原因は何なのか、こっそりお教えします 2020年04月17日

感染したら憂鬱になってしまうような症状があらわれる病気にはヘルペスがありますが、この病気は何が原因で発症してしまうのか知らない人も多いです。しかしながら、発症の理由である病原体や行為について知っておくことで、つらい症状を引き起こす病気に感染しないように予防することができます。再発を繰り返しやすいこの...

罹ってしまったらすぐに治したい皮膚カンジダの治療方法を解説します 2020年03月29日

皮膚カンジダ症を発症すると感染した部位に発疹やかゆみを生じて大変な思いをすることになりますし、この病気は大人だけではなく赤ちゃんも感染しやすいので正しい治療方法で早急に治療できるようになっておくべきだと言えます。大人なら多少の痛みやかゆみを我慢することができるかもしれませんが、小さな赤ちゃんの場合は...